愛媛県は、四国の西北にあり、北と西には海に囲まれ、後ろには、四国山地をいただき、自然に囲まれ、温暖な地です。

夏目漱石が、描いた坊ちゃんの部隊となった場所であり、日本三古泉(有馬温泉、白浜温泉)の一つといわれています道後温泉があるところでも有名な場所です。


また、日本一二位を争うみかんの産地でも有名です。

愛媛でスイーツといえば?

さて、愛媛でスイーツといえばなにかご存知でしょうか。

愛媛に入ると特に松山市内に入ると、たくさんの看板を見ると出てくるのが

「タルト」

実は、「タルト」は、江戸時代に藩主松平定行が長崎から持って帰ってきたカステラをベースに松山で作られた郷土スイーツなのです。

しかし、その愛媛で、今注目集めているスイーツがあります。

それが

『大福』

です。

その中でも、抹茶大福は、人気です。

そこで、愛媛の第二の新スイーツとしてこの

『大福』を育てていきたいと考えました。

 

なぜ、冷凍大福なのか?

a0014

実は大福は半生菓子なので、賞味期限が限定されます。
せっかくの美味しさが短いのはもったいないと考えました。

そんなあるとき、冷凍してみては、思いつき、冷凍庫に入れてみるとなんと約60日は美味しくいただくことができることに気が付きました。

おもわぬ奇跡

しかし、この冷凍大福には、思ってもみないことがおこりました。

あるとき、この大福を食べたいと、冷凍庫から出して、食べようと思ったところに電話がなり約1時間ほど、その対応していました。

電話が終わり戻ってきたところ、大福のことを思い出し、すぐに、先ほど大福のところに行きました。

そして、早速、口にしたのですが、その美味しさに驚愕。

出来上がった大福より、一度冷凍した大福のほうが甘味が増すのでしょうか?

しかも、これだったら、全国にこの美味しさを伝えることができると確信しました。

そこで、この大福を冷凍大福として愛媛の第二のスイーツとして全国に広めていきたいと思って愛媛ドリームスイーツ《夢菓》を立ち上げました。